Category Archives: その他

  • その他

アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)

アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。


アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)の特徴は?
① 血液中のアマノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です
② 一度の採血で複数(男性5種、女性6種)のがんを同時に検査できます
③ 早期のがんにも対応した検査です
④ 採血による簡便な検査です


男性アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) 5種
胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん


女性アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) 6種
胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん


アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)は、現在がんであるリスクを報告します
アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)は、それぞれのがんについて、現在がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。この数値が高いほど、がんのリスクが高くなります。
また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんである傾向が3段階で示されます。


料金)
アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) ¥25,000+消費税
アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) と 脳MRI検診のセット ¥40,000+消費税


注意)
① AICS検査は、採血を行った時の、がんのリスクを評価する検査です。生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をお勧めします。
② がんの有無を直接調べる検査ではありませんので、検査結果区分が「ランクA」でも、がんでないと言い切れません。また、「ランクB」「ランクC」でも、必ずしも、がんである訳ではありません。

コメントは受け付けていません。
  • その他

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)の治療

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)とは、首と頚部や脇の下に多発し、その多くは2mm位で肌色~淡褐色の扁平(へんぺい)~懸垂性(けんすいせい:垂れ下がった)のブツブツとなります。俗称「スキンタッグ」ともいいます。

中高年者、特に更年期を過ぎた女性に多く、年齢が上がるに従い数や患者様数が増えますが、摩擦部位(物理的刺激)に出来やすいため若い方でもなることがあります。

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)の例(40歳代・男性)


軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)の例(40歳代・女性)


当院オススメの治療法:炭酸ガスレーザー治療(CO2レーザー)
患部に麻酔をしてから、盛りあがった部位をCO2レーザーで削ります。
治療部位のみを蒸散させるもので、出血もほとんどなくメスを用いる手術より傷口はきれいに仕上がります。治療後には周囲とあまり差のないきれいな皮膚が再生されます。
治療後のアフターケアが重要です。皮膚の再生を促す絆創膏や外用剤を使用することで傷跡をよりきれいにします。目立たないテープで日常生活も通常通り送っていただけます。

軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)の炭酸ガスレーザー治療後(40歳代・前出男性)


軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)の炭酸ガスレーザー治療後(40歳代・前出女性)


すっかり綺麗になったことがご覧いただけるかと思います。

ひとりで悩まずにお気軽にご相談ください。
※治療後の皮膚の状態には個人差があります。

コメントは受け付けていません。
  • その他

乾癬や尋常性白斑、アトピー性皮膚炎にエキシマーシステム



エキシマーシステムは、308nmの紫外線を発生するエキシマライト光線治療器です。

XeCl(キセノンクロライド)光源を用いたUVB照射装置で、308±2nmの単波長を選択的に高出力で出すシステムです。

乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎(以上、保険適応)、結節性痒疹、円形脱毛症(以上、保険適応外)など種々の難治性疾患に安全かつ有効な治療法であることが近年報告されています。

エキシマーシステムは以前から治療に使用されておりましたが、当クリニックに導入いたしました308エキシマーシステムは、照射範囲が比較的小さいため健常部への紫外線照射を避け、病変部位だけに従来の100倍以上のエネルギーで限局的に照射でき、1回あたりの照射時間は数秒、かつ少ない治療回数で効果を出すことが可能になっています。

治療効果を感じられるまでの時間が短い、かゆみがおさまるのが早い、他の治療に抵抗性な病変への適応など、期待の最新紫外線治療です。

白斑治療(保険適応)
ナロードバンドUVBによる治療は、もっとも効果的で副作用の少ない治療法として認識されています。
必要に応じて、他の治療方法と組み合わせる事も可能です。
ハンディータイプの308エキシマーシステムはレーザーなどの他の機器と遜色ない結果を得ることに成功しました。


乾癬治療(保険適応)
良い治療結果を残す為に、近年、エキシマー治療器はより重要性をましています。
308エキシマーシステムとエキシマーレーザーによる治療を比較検討したところ
同等の結果を出せました。
局所的に照射可能な為、病変部位のみに高い照射量を与えることが出来ます。
その為、早期に目に見えた効果が確認でき、高い患者満足度を得ています。


【適応症例】
保険適応:尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、類乾癬(慢性苔癬状粃糠疹など)、菌状息肉症
保険外適応:円形脱毛症、結節性痒疹、異汗性湿疹、扁平苔癬

コメントは受け付けていません。
  • その他

爪水虫(爪白癬 :つめはくせん)のレーザー治療

爪水虫(爪白癬 :つめはくせん)とは、手足の白癬が進行し、爪の間に白癬菌が侵食して、爪自体が白癬菌に感染した状態となっている症状をいいます。

爪水虫になると、最終的には爪全体の色が、白色・黄色・黒色に変色し、爪水虫となった爪は、盛り上がったように生え、ボロボロと崩れだします。それにより、新たに白癬菌をばら撒き、新たな水虫の原因となり家族などにも感染が広がる可能性が高いため、早期治療が必要となります。

爪水虫(爪白癬 :つめはくせん)の治療:爪内部まで進行した爪水虫は外用薬では根治することは極めて難しく医師の処方した内服薬を6~12ヶ月の服用しなければ、完治は困難でした。

また、爪水虫のお薬の服用中は、薬剤性肝機能障害などの確認のための定期的な血液検査が必要です。高齢者や、肝機能の低下、治療中のお薬によっては、爪白鮮治療のお薬の内服が危険であったり、飲み続けられない場合があります。

今回当院で導入した爪白鮮レーザー治療「リネイル」は2011年米国で承認された副作用のないレーザーによる爪白癬の新しい治療法です。



治療の時間は10~20分で、2週間から1ヶ月に1度のペースで4回の治療をおこないます。来院ごとに爪の状態を確認し、レーザーを照射します。

レーザーの効果によって爪の奥に潜む真菌の活動が弱まり、病変部位を押し出すような形で新しく健康な爪が成長してきます。定期的な血液検査の必要もなく、治療時の麻酔の必要のない安全性の高い治療です。

治療効果は国内データとして順天堂大学病院での報告で改善率83.8%、消失率51.4%と高い評価がなされています。



当院では、爪水虫の内服治療や外用薬治療で効果がみられない方や、内服のできない方に対してレーザー治療をお勧めしています。

【 保険外診療 】
親指   初回   10,000円/1本(税別)
     2回目以降 5,000円/1本(税別)
親指以外 初回   5,000円/1本(税別)
     2回目以降 2,500円/1本(税別)

夏までにサンダルの似合う足元にビーチサンダル

爪水虫の内服治療や外用薬治療で効果がみられずお悩みの方、是非ともご相談くださいにっこり

※爪白癬のレーザー治療を実施している医療施設は静岡県内では四ツ池メディカルヴィレッジのみです
※参考 米国での爪白癬レーザーの一般的な料金 1000$~1500$:指2本~3本/1回 

コメントは受け付けていません。
  • その他

DHEA(ディー・エイチ・イー・エイ)

DHEA DHEA(ディー・エイチ・イー・エイ)
□ 肩こり
□ めまい
□ 冷え症がある
□ いらいらする
□ 疲れが取れない

以上にあてはまったら、DHEAが不足しているのかもしれません。更年期障害などの不定愁訴対策の副作用の少ない新治療、DHEA。 40歳以降に減少するホルモン作用をバックアップし、冷え・イライラなどの更年期症状を改善する植物由来の自然抽出物です。

DHEA 25mg 90カプセル –アンチエイジング(抗加齢)効果 \4,000(税別)
※DHEAは医師の処方が必要です(自由診療)
コメントは受け付けていません。
1 / 212
ページの先頭へ