Category Archives: 注目のメディカルメニュー

  • その他

睫毛貧毛症治療(まつ毛貧毛症治療)


まつ毛が、少ない・短い・細いと感じて悩んでいる方へ。

まつ毛が不足していたり、不十分な状態の「まつ毛貧毛症(睫毛貧毛症)」は治療することができます。

まつ毛の平均的な本数と長さは?
上まぶたのまつ毛は、90~160本、長さ8~12mm
下まぶたのまつ毛は、75~80本、長さ6~8mm  というデータがあります。

グラッシュビスタ
グラッシュビスタとは、上まつ毛の長さ、豊かさ(太さ)、濃さを改善する外用薬です。
グラッシュビスタは、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の患者に処方されます。
(睫毛貧毛症とは、まつ毛が不足していたり、不十分であったりすることです。)

グラッシュビスタの効果は?
日本人での臨床試験において、特発性睫毛貧毛症及びがん化学療法による睫毛貧毛症の成人患者にこの薬を4ヵ月間使用した結果、それぞれの患者において、評価スケール(GEA-J)で1段階以上の改善が77.3%(68/88例)、及び88.9%(16/18例)の割合で認められました。

この薬の使用満足度についてまつ毛満足度質問表を用いて評価した結果、この薬を使用してから4ヵ月後の評価の「上まつ毛の長さ、ボリュームに対する満足度」並びに「まつ毛の総合的な満足度」の各合計スコアにおいて、この薬を使用しなかった人に比べて差が認められました。

グラッシュビスタ ¥21,600(税込)

コメントは受け付けていません。
  • その他

ワキの多汗症(原発性腋窩多汗症)に対するボツリヌス療法(健康保険適用)

 ボトックス

ボツリヌス療法
ボツリヌス療法は、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とするお薬をワキの下に注射する治療法です。このお薬が、交感神経から伝達される汗を出す信号をブロックし、過剰な発汗を抑えます。

治療による効果
発汗を抑える効果は通常、治療後2~3日であらわれ、効果は約4~9か月持続するとされています。効果の程度や持続期間には個人差があります。完治を目指す治療法ではありませんので、症状が再びあらわれたときには、あらためて治療を行います。

治療による副作用
注射後、まれに次のような副作用を生じることがあります。多くは一時的なものですが、程度が強い場合など、気になるときには医師に相談してください。
〇注射部位が赤くなった、はれた、痛む
〇からだがだるい
〇ワキ以外の部位で汗が増えた

健康保険が適用された場合のボツリヌス療法の治療費はどのくらいですか?
医師により重度の原発性腋窩多汗症と診断され治療を受ける場合、健康保険が適用されます。治療費は注射をする頻度によって異なります。効果はおおむね4~9か月程度持続しますので、例えば年に1回の注射を継続する場合、年間3万円程度(3割負担の場合)の負担となります。これに、初診料などが加算されます。

コメントは受け付けていません。
  • その他

帯状疱疹予防のワクチン接種を始めました!



 
帯状疱疹は、水痘(水ぼうそう)のウィルスが原因のチクチクあるいはピリピリとした痛みを伴う皮膚湿疹です。
 
神経節に沿って帯状に水泡を伴った紅斑が広がります。小児の時期に、帯状疱疹ウイルスにより水痘にかかり、一度治癒したものが大人になり再感染し発症すると考えられています。
 
軽い痛みですむ方もいますが、強い痛みを感じることが多く、夜眠れないほどの痛みに悩まされる方もいます。
 
帯状疱疹は早期発見・早期治療が大事ですが、帯状疱疹を予防する方法としてワクチンを接種があります。 帯状疱疹ワクチンは50歳以上の人に対する帯状疱疹予防として2016年3月に承認されました。
 
帯状疱疹ワクチン接種 10,260円(税込)
 
コメントは受け付けていません。
  • その他

アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)

アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)とは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。


アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)の特徴は?
① 血液中のアマノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です
② 一度の採血で複数(男性5種、女性6種)のがんを同時に検査できます
③ 早期のがんにも対応した検査です
④ 採血による簡便な検査です


男性アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) 5種
胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん


女性アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) 6種
胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん


アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)は、現在がんであるリスクを報告します
アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS)は、それぞれのがんについて、現在がんである確率を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。この数値が高いほど、がんのリスクが高くなります。
また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんである傾向が3段階で示されます。


料金)
アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) ¥25,000+消費税
アミノインデックス がんスクリーニング検査(AICS) と 脳MRI検診のセット ¥40,000+消費税


注意)
① AICS検査は、採血を行った時の、がんのリスクを評価する検査です。生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をお勧めします。
② がんの有無を直接調べる検査ではありませんので、検査結果区分が「ランクA」でも、がんでないと言い切れません。また、「ランクB」「ランクC」でも、必ずしも、がんである訳ではありません。

コメントは受け付けていません。
  • アンチエイジング

四ツ池メディカルヘア~抜毛・薄毛・脱毛症にお悩みの方へ医師が増やす黒髪~

Men’s AGA(男性型脱毛症)治療
AGAとは、「Androgenetic Alopecia」を略したもので、和訳すると「男性型脱毛症」「壮年性脱毛症」と呼ばれ、主に頭頂部の毛が薄くなったり(O型)、生え際が後退していく(M型)進行性の疾患で、成人の日本人男性に多く見られる脱毛タイプのことを言います。
AGA発症の主な要因は、「男性ホルモンの作用」「遺伝」「現代病(ストレス・生活習慣・栄養不足)」となっています。 四ツ池メディカルヘアでは、脱毛作用を抑止するお薬と、育毛効果のあるお薬を併用し、オリジナル開発のサプリメントや生活習慣のアドバイスなど、医師による総合発毛治療を行っています。

 
Lady’s 女性のび漫性脱毛治療
妊娠・出産後などの栄養不足、鉄欠乏が大きくかかわっています。今までは栄養学的な鉄、亜鉛、パントテン酸、シスチン、ビオチンなど栄養支援が不十分でした。四ツ池メディカルヘアでは、増毛に必要な薬物治療と栄養補強で育毛増毛を図ります。
コメントは受け付けていません。
1 / 41234
ページの先頭へ